FC2ブログ

すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H20-5 H21-5,H23-9類題
ソルベンシー・マージン比率は,保険会社にどの程度の保険金等の支払余力があるかを
示す指標であるが,一般に,この値が( )%以上あることが健全性の目安になると
いわれている。
1) 100
2) 150
3) 200


H20-9 H23-5,H23-9,H24-5類題
国内で事業を行う生命保険会社が破たんした場合,元受保険契約は,原則として生命保
険契約者保護機構による保護の対象となり,高予定利率契約を除き,破たん時点の責任準
備金等の( )%まで補償される。
1) 70
2) 80
3) 90


H21-6 H23-5類題
国内で販売される保険商品のうち, ( )は,生命保険契約者保護機構の補償対象と
ならない。
1) 少額短期保険業者の医療保険
2) 国内で事業を行う外資系保険会社の終身保険
3) かんぽ生命保険の養老保険


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。