すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-9 H23-5,H24-1類題
生命保険の保険料のうち,将来の死亡保険金を支払うための財源となる純保険料は,
( A )および( B )に基づいて計算されている。
1) A 予定生存率 B 予定事業費率
2) A 予定死亡率 B 予定事業費率
3) A 予定死亡率 B 予定利率


H24-1 H21-6,H22-1類題
生命保険の契約者が保険会社に払い込む保険料は,主として将来の保険金を支払うため
の財源となる( A )と,保険会社が保険契約を維持・管理していくための必要経費に
充当される( B )とに大別できる。
1) A 標準保険料 B 事業保険料
2) A 純保険料 B 付加保険料
3) A 死亡保険料 B 費用保険料


H22-9 H23-9類題
生命保険の保険料は,( )や収支相等の原則に基づいて,3つの予定基礎率を用い
て算出されている。
1) 適合性の原則
2) 利得禁止の原則
3) 大数の法則




【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。