すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-9
成年後見制度は,認知症の高齢者などの判断能力が不十分な成年者を保護するための制
度であり,これらの人が,財産管理についての契約や遺産分割などの法律行為を自分で行
うことが困難な場合や,悪徳商法などの被害にあうおそれがある場合などに用いられてい
る。


H21-1 H23-1類題
成年後見制度には,法定後見制度と任意後見制度がある。このうち,法定後見制度は,
( A ) ,( B ),( C )の3つに分かれる。
1) A 支援 B 保佐 C 後見
2) A 補助 B 援助 C 支援
3) A 補助 B 保佐 C 後見


H21-5
任意後見契約とは,委任者が受任者に対して,精神上の障害により事理を弁識する能力
が不十分な状況になった場合に備え,自己の生活,療養看護および財産の管理に関する事
務の全部または一部を委託し,その委託に係る事務について代理権を付与する委任契約で
あって,任意後見監督人が選任された時からその効力を生じる旨の定めがあるものをいう。


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。