すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H23-1
相続時精算課税制度の適用を受けて贈与税の申告をする場合の特別控除の限度額は
(  )である。
1) 2,500万円
2) 3,000万円
3) 3,500万円


H22-5 H23-9,H24-9類題
相続時精算課税の適用を受ける財産に係る贈与税については,贈与者ごとに計算した贈
与税の課税価格(特別控除額を控除した金額)にそれぞれ(  )の税率を乗じて課税
される。
1) 10%
2) 15%
3) 20%


H21-5改題 H24-1類題
住宅取得資金の贈与を受け,「特定の贈与者から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の
相続時精算課税の特例」の適用を受けた場合は,贈与税額の金額の計算上,通常の相続時
精算課税の特別控除額に住宅資金特別控除額(   )を加算した金額を限度として,
受贈者に係る贈与税の課税価格から控除できる。
1) 250万円
2) 500万円
3) 1,000万円


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。