すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-5
相続税の納税義務者が延納の許可を受けるためには,納付すべき相続税額が50万円を超
えていなければならない,という要件がある。


H21-6
相続税額が10万円を超え,相続税を金銭で一時に納付することを困難とする事由がある
場合には,納税者の申請により,( )を限度として,相続税の延納が認められる。
1) その納付を困難とする金額
2) 「納付すべき金額-(納期限において有する現金等-通常の生活費)×3」の金額
3) 500万円


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。