すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H20-9 H22-5,H23-1,H24-1,H24-9類題
被相続人の配偶者が,相続または遺贈により財産を取得し,「配偶者に対する相続税額の
軽減」の適用を受けた場合,配偶者の実際取得額(課税価格)が,相続税の課税価格の合
計額のうち配偶者の法定相続分相当額までであれば相続税は課されず,また法定相続分相
当額を超えたとしても( )万円までであれば相続税は課されない。
1) 1億5,000
2) 1億6,000
3) 1億7,000


H23-9
相続税の計算において,「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けると配偶者の納
付すべき相続税額が0(ゼロ)となる場合であっても,この規定の適用を受ける旨など一
定の事項を記載した相続税の申告書を提出しなければならない。



【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。