すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-6
被相続人が死亡したことにより,相続人に支払われる死亡保険金(保険料負担者が被相
続人であるもの)のうち,「( A )×法定相続人の数」で計算した金額を限度として,
相続税の非課税財産となるが,相続を放棄した者はこの法定相続人の数に( B ) 。
1) A 500万円 B 含まれる
2) A 500万円 B 含まれない
3) A 1,000万円 B 含まれる


H21-9 H23-5類
相続税の計算において生命保険金等の非課税限度額を算定するときや,遺産に係る基礎
控除額を算定するときに用いられる「法定相続人の数」に含めることのできる養子の数は,
原則として下記の表のとおり制限される。
・被相続人に実子がいる場合……( A )
・被相続人に実子がいない場合…( B )

1) A 1人 B 1人
2) A 1人 B 2人
3) A 2人 B 2人


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。