すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H22-1 H24-1類題
保険料負担者・被保険者が被相続人であって,死亡保険金の受取人が相続人である場合,
すべての相続人が受け取った保険金の合計額が, 「( )×法定相続人の数=非課税限
度額」によって計算した金額を超えるとき,その超える部分は相続税の課税対象となる。
1) 110万円
2) 500万円
3) 1,000万円


H22-5
下記の親族関係図において,相続人(配偶者・長男)が取得した死亡保険金の非課税限
度額の合計額は, ( ) である。なお, 二男は,当該相続に関し相続の放棄をしている。


  被相続人=====配偶者
           |
           |
┌──────┴──────┐
|                    |
長男                 二男
                  (相続放棄)

1) 1,000万円
2) 1,500万円
3) 2,000万円


H24-5 H23-1類題
被相続人の業務外の死亡により,相続人が雇用主から受ける弔慰金については,被相続
人の死亡時における普通給与の( )に相当する金額までは,相続税の課税対象とな
らない。
1) 6カ月分
2) 1年分
3) 3年分

【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。