すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-5
所得税の課税対象となる不動産所得の金額は,「総収入金額-必要経費」の算式により求
めるが,必要経費には,不動産を取得するために借り入れた金額の元利返済額のうち,利
息部分は原則として算入できるが,元金部分は算入できない。


H22-1
契約期間を2年間とするアパート賃貸契約を結び,家賃のほかに家賃2カ月分の礼金 (返
還を要しないもの)を受け取った場合,この礼金に係る不動産所得の総収入金額に計上す
べき時期は,2年後の契約期間終了日である。


H21-6
いわゆる有料駐車場,有料自転車置場等の所得については,自己の責任において他人の
物を保管する場合の所得は( )に該当し,そうでない場合の所得は不動産所得に該
当する。
1) 事業所得または一時所得
2) 事業所得または雑所得
3) 雑所得または一時所得


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。