すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H24-1
金融商品取引法に定める(   )とは,顧客の知識,経験,財産の状況および契約を
締結する目的に照らして不適切と認められる勧誘を行ってはならないというルールである。
1) 誤認勧誘
2) 不招請勧誘
3) 適合性の原則


H21-6
金融商品取引法では,金融商品取引業者等に対して,販売・勧誘に関して,広告規制,
( A )義務,契約締結時の書面交付義務,適合性の原則などの行為規制を遵守すること
などを定め,投資者を,( B )とそれ以外の投資家(いわゆる一般投資家)に区分し,
( B )については,一定の行為規制について適用を除外している。
1) A 不当契約の取消し     B 特定投資家
2) A 契約締結前の書面交付 B 特定投資家
3) A 不当契約の取消し     B 機関投資家


H23-1
「金融商品の販売等に関する法律」 では, 金融商品販売業者等が金融商品の販売等
に際し,顧客に対して重要事項の説明をしなかったこと,または( A )を行ったことにより,
当該顧客に損害が生じた場合の金融商品販売業者等の ( B ) について定められている。
1) A 断定的判断の提供等 B 損害賠償責任
2) A 損失補てんの約束等 B 契約取消義務
3) A 断定的判断の提供等 B 契約取消義務




【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。