すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H23-1改 H24-9類題
平成24年中に住宅(認定長期優良住宅に該当しない)を取得し,居住の用に供して住宅
借入金等特別控除の適用を受けた場合,住宅借入金等の年末残高の3,000万円以下の部分
につき(  )の税額控除が受けられる。
1) 1.0%
2) 1.2%
3) 1.5%


H21-6 H24-1,H24-9類題
所得税において,住宅借入金等特別控除の対象となる新築家屋は,床面積が( A )
以上で,かつその床面積の( B )以上がもっぱら自己の居住の用に供されるものとさ
れている。
1) A 80㎡ B 2分の1
2) A 50㎡ B 2分の1
3) A 50㎡ B 3分の1


H22-9
所得税において,合計所得金額が3,000万円を超える年については,住宅借入金等特別控除の適用を受けることができない。


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。