すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H23-1 H22-9,H24-1類題
( )は,所得税および住民税における社会保険料控除の対象である。
1) 確定拠出年金の個人型年金の掛金
2) 厚生年金保険の保険料
3) 生命保険契約の保険料


H21-9
居住者が国民健康保険の保険料を支払った場合には,所得税法上,社会保険料控除とし
て,支払った額の( A )が( B )の対象となる。
1) A 半額 B 税額控除
2) A 3分の2の額 B 所得控除
3) A 全額 B 所得控除


H21-1
所得税と個人住民税の所得控除において,その金額が同額である控除には,( )がある。
1) 地震保険料控除
2) 基礎控除
3) 社会保険料控除

【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。