すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H22-9 H21-5,H22-5,H23-5類題
勤続年数30年の者が,定年退職に伴い退職金3,000万円を受け取ったときの所得税に
おける退職所得控除額は,( )となる。
1) 400万円+70万円×(30年-20年)=1,100万円
2) 800万円+70万円×(30年-20年)=1,500万円
3) 800万円+70万円×(30年-10年)=2,200万円


H21-6
Aさんは,勤続年数25年でX社を定年退職し,退職金(収入金額)として3,000万円を
受け取った場合,退職所得の金額は1,850万円となる。


H22-1 H24-1類題
退職手当等の支給を受ける際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出している人の
場合の源泉徴収税額は,( )により計算される。
1) 「退職金の収入金額×20%」
2) 「退職金の収入金額×所得税の税率」
3) 「(退職金の収入金額-退職所得控除額)×1/2×所得税の税率」


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。