すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-1
被保険者等の死亡により遺族基礎年金が支給されるための保険料納付要件は,原則として,
死亡した者につき,死亡日の前日において死亡日の属する月の前々月までの保険料納付
済期間と保険料免除期間の合計が全被保険者期間の( )以上あることが必要である。
1) 3分の1
2) 2分の1
3) 3分の2


H24-9
遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は,死亡した被保険者等によって生計を
維持していた配偶者,子,父母,兄弟姉妹である。


H21-6
遺族厚生年金の受給権者が夫の場合,原則として,その者が( )に達するまでの期間,
その支給が停止される。
1) 70歳
2) 65歳
3) 60歳

【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。