すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-5
遺族基礎年金または遺族厚生年金の支給対象となる子(一定の障害の状態にある場合を
除く)とは,被保険者または被保険者であった者の死亡の当時,その者によって生計を維
持されていた( )に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子で,かつ,現に
婚姻していない子である。
1) 16歳
2) 18歳
3) 20歳


H22-5
遺族基礎年金は,次のいずれかに該当する人の死亡であることが支給要件の1つである。
 A 国民年金の被保険者
 B 国民年金の被保険者資格喪失後, (  )で日本国内に住んでいる人
 C 老齢基礎年金の受給権者
 D 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人
 ※AまたはBに該当する場合は,一定の保険料納付要件を満たす必要がある。

1) 60歳未満
2) 60歳以上65歳未満
3) 65歳以上70歳未満

【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。