すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H22-1
ライフプラン作成におけるキャッシュフロー表に記入する数値は,通常,将来の物価上
昇等を加味した「将来価値」で表す。たとえば,現在の生活費を年間132万円,その変動率
をプラス1%とすると,1年後,5年後の生活費は次のようになる。
・1年後の生活費:132万円×(1+0.01)≒133.3万円
・5年後の生活費:132万円×(1+0.01)≒138.7万円
この将来価値を係数表を用いて算出するときは,「現在価値×( )係数」によって
求めることができる。
1) 終価
2) 資本回収
3) 年金現価


H23-9
利率(年率)2%で複利運用しながら5年後に100万円を用意する場合,係数表を使って
現在必要な元本の額を算出するには,100万円に利率2%・期間5年の( )を乗ずる。
1) 現価係数
2) 年金現価係数
3) 年金終価係数



【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。