FC2ブログ

すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H21-9 H22-9類題
若い世代が老後資金を準備する際には,今後,公的年金の支給開始年齢が引き上げられ
るなど,制度が変わってしまう可能性があることや,将来の( A )によりお金の価値
が下がってしまうリスク,すなわちインフレリスクなどについても考慮する必要がある。
資金準備のアドバイスに際しては,一般に,預貯金,信託,債券などの( B )の高い
商品による運用をベースとし,一部を投資信託などの収益性重視の商品を活用することが
基本であるといわれている。
1) A 物価上昇 B 安全性
2) A 物価下落 B 安全性
3) A 物価下落 B 流動性


H22-1 H24-9類題
クレジットカードで商品を購入した場合の返済(支払)方法の1つである定額リボルビング
方式は,一般に,利用金額や件数にかかわらず,毎月,原則として一定の金額(最低
支払義務額)を返済する(支払う)ものである。


H24-5
貸金業法の規定(融資額の総量規制)により,個人が借入できる無担保借入額の合計は,
原則として,年収額の( )までである。
1) 3分の1
2) 2分の1
3) 3分の2
【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。