すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H20-5 H23-9類題
ファイナンシャル・プランナーには高い職業倫理が求められるが,作成したプランを顧
客に対して説明する際に,参考程度であれば,他の顧客の個人情報を含む資産内容を記載
した資料を提示することができる。


H22-9 H21-5,H23-5,H24-1,H24-5,H24-9類題
税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが行う次の行為のうち,税理士法
に抵触しないと解されるものは( )である。
1) 顧客の質問に対し,一般的な税法の解説を行っているケース
2) 顧客の依頼に応じ,確定申告書の作成を無償で代行しているケース
3) 顧客の具体的な税務相談に,無償で反復継続して応じているケース


H20-9 H21-9,H24-9類題
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが,顧客からの相談に応ずる場合
は,一般的な法令などの説明を行うにとどめ,個別具体的な法律事務の取扱い等は,弁護
士等の専門家に委ねなければならない。


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。