すきま時間にFP過去問

ファイナンシャルプランニング技能士試験3級の過去問。通勤・通学や休憩のすき間時間に解いてファイナンシャルプランナーになろう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H22-1 H21-1類題
借家人が,軽過失による失火により,借家を焼失させるとともに隣家をも類焼させてし
まった。この場合,借家人は,隣家に対して損害賠償責任を( A )。また,家主に対し
て損害賠償責任を( B ) 。
1) A 負わない B 負う
2) A 負う    B 負わない
3) A 負わない B 負わない


H21-5 H21-6類題
個人の所有する住宅や家財が火災・震災・風水害等により損害を受け,その損害額(保
険金,損害賠償金等を差し引いた残額)が時価の( )以上になった場合,一定の要
件を満たせば,確定申告により災害減免法の適用を受けることで,所得税額が減免される。
1) 2分の1
2) 3分の1
3) 4分の1
※災害減免法:「災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律


【答えはこちら】
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。